脱毛の施術と紫外線について

TOP > 脱毛の施術と紫外線について

脱毛の施術と紫外線について

エステサロンやクリニックで脱毛をスタートするのであれば、守るべき注意点がいくつかあります。


エステやクリニックは、導入しているマシンも異なりますし、照射出力に関しても差があります。

それでも、同じように守らないといけないことがあって、そのひとつが日焼けをしないということです。

エステでもクリニックでも、1番最初にカウンセリングを行います。

その時の注意事項でも、日焼けだけは絶対にしないように注意があります。

クリニックの医療レーザーも、エステのフラッシュでの施術でも、脱毛期間中は日焼けは禁止です。

大阪の医療脱毛に関する詳細はこちらです。

どちらも黒い色に反応させて、ムダ毛の脱毛効果に砂ゲルシステムであるためです。



日焼けをして黒くなった肌だと、黒いメラニン色素だけではなく、肌にもダメージが与えられることになります。
白い肌であれば、黒い色をしたメラニン色素だけをターゲットにできます。
健康な他の肌組織には、通常の肌の色であれば、ダメージはない事になります。クリニックでもエステでも、1回では終わらないので、通っている間は紫外線対策を行うことになります。

肌が露出する部分には、日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。



日差しが強い日には、汗で流れてしまうこともあるので、こまめに塗り直しをすることです。

外出時は日傘をさしたり、サングラスをしたり、車の運転では手袋をするなど、日差しから素肌を徹底して守ることです。
曇りの日も油断大敵で、紫外線対策は怠らないことです。

Copyright (C) 2016 脱毛の施術と紫外線について All Rights Reserved.