京都で前撮り撮影をしてみよう

前撮りは、結婚披露宴が行われる日よりも前に撮影を行う方法であり、当日の撮影とは違って多くのメリットを持っています。
その一つには、撮影を行う場所に限定されないという点があります。当日の撮影となれば、挙式が始まる前に行うことから挙式会場内やその施設の庭先などで撮影が行われることになります。
しかし、前撮りであれば遠い場所に出向いて撮影をすることができます。

今までになかった京都の前撮りの情報サイトはこちらです。

白無垢や色打掛などの和装の衣装での撮影にピッタリな和の雰囲気がある京都の町は、前撮りでも人気のスポットです。



歴史ある京都の寺院を訪問するのもいいのですが、京都の街中に立っているだけでも風情のある写真を撮ることができます。

また、観光客も多く訪れていて、海外の人には日本の着物スタイルは新鮮に映るものであり、結婚の祝福をされながら写真撮影にのぞむことができます。
他にも、前撮りは当日とは違った衣装も着ることができるというメリットも持っています。
挙式会場は教会で行うという場合には、披露宴で和装の衣装を着ることができるとしても、予算的にも時間的にも着ることができる衣装の数にも限界があることがあります。

しかし、前撮りは挙式会場に左右されずに自由な衣装で楽しむことができます。



会場の衣装室からの衣装を利用せざるを得ないことも多いものであり、それによって着て見たかった衣装も着るチャンスがなくなってしまいますが、豊富な衣装が用意されているので好みに合わせて選ぶことができます。